【ひるがの高原キャンプ場】もっと楽しむための周辺おすすめ情報

2021/08/28(土) ~ 2021/10/31(日) / おすすめ

このたかす・ひるがの観光WEBの7~8月の検索ランキングでダントツ1位だったワードが「ひるがの高原キャンプ場」でした。その数なんと13,000件!今回はひるがの高原キャンプ場の紹介にプラスして、周辺の観光情報やお買い物情報をまとめました。

道の駅

目次

  1. ひるがの高原キャンプ場の紹介
  2. キャンプ場から1km。利用者多数の「ひるがのマス園」
  3. 食材や紙皿などの道具は「フレッシュフーズひるがの」
  4. 地元の特産ひるがの高原牛乳を使った商品は「たかすファーマーズ」
  5. アフターキャンプは観光を!観光スポット紹介
  6. キャンプ後もまだまだ遊びたい!アクティビティスポットの紹介
  7. 周辺の温泉情報(3か所)

ひるがの高原キャンプ場の紹介

ひるがの高原キャンプ場は高鷲町内一の老舗キャンプ場です。地形や自然を大事にしたキャンプサイト造成がされており、木々に囲まれ広々としたプライベートなサイトとなっています。

口コミでも多いのが、「トイレがきれい」「水場が近い」「サイトが広く自由に選べる」といったことです。設備にも手をかけて便利さも追求。自由度が高いけど便利という環境を作っています。

場内には小川が流れているので子供たちは水遊びも楽しめますよ。深さもないので安心です。

段差には気を付けてください。

バンガローも多くあり、最近のニーズに合わせてより設備の整ったコテージもご用意しております。

バンガロー
コテージ

全てのお客様が快適に利用できるよう、マナーやルールをしっかり呼びかけているので、トラブルも少ないという口コミも多いです。そのため、キャンプ初心者から上級者、ファミリーからソロまでたくさんの方に愛されるキャンプ場です。

キャンプ場から1km。利用者多数の「ひるがのマス園」

ひるがの高原キャンプ場の利用者の方が食材確保と遊びを兼ねてよく行く場所が「ひるがのマス園」です。

釣り竿1本700円で2匹まで無料。3匹目からも1匹300円の追加料金で釣ることができますよ!マスのつかみ取りもご要望に応じて開催しますので家族で楽しんで下さい。

釣った魚は内臓処理も無料でしてくれるので、持ち帰ってキャンプの食材にしてもいいし、その場で別途料金を支払い調理してもらうのもOK。

塩焼きや唐揚げなど調理が可能です

食材や紙皿などの道具は「フレッシュフーズひるがの」

ひるがの高原キャンプ場から1kmほどの国道沿いにひるがの高原の商店「フレッシュフーズひるがの」があります。

地元のスーパーマーケットでもあり、大型店ほどの規模はありませんが、地元密着なだけあってキャンプの時に使える道具も充実。食材や道具で忘れ物があった場合はおそらくここで揃うかと思います!

紙皿、紙コップが充実
串物も揃ってます

地元の特産ひるがの高原牛乳を使った商品は「たかすファーマーズ」

ひるがの高原は高原の涼しい気候を生かし、昔から酪農が盛んです。たかすファーマーズでは取り立ての牛乳を低温殺菌し、牛乳本来の味を堪能していただけるよう加工を行っています。

緑の牛の模型が目印
一番人気はやっぱりひるがの高原牛乳

たかすファーマーズではひるがの高原牛乳を使ってチーズなどの加工、生産も行っています。カチョカバロチーズなどがお求めやすい価格で販売されていますので、キャンプの1品としてもとってもおすすめです。

プレーンとスモークの2種類

休憩場所にもぴったり。牛乳の味が特徴的なソフトクリームが大人気です。

ソフトクリームは1個300円

アフターキャンプは観光を!観光スポット紹介

チェックイン前、チェックアウト後にどこかによりたいなーという方には観光スポットをおすすめ!大規模観光施設や、自然景観を楽しむ公園などがあります。

牧歌の里

お花畑と動物とのふれあいを楽しめるテーマパーク。動物のエサやりや乗馬体験、アニマルタッチなどとってもフレンドリーな動物にみんなが笑顔になります。

牧歌の里の花畑
ひるがのピクニックガーデン

ひるがの高原スキー場の山頂を花畑に!4万株の桃色吐息とが鮮やかに咲き、1万株のコキアがかわいらしく風に揺れます。ひるがの高原を一望できる観光スポット。

桃色吐息と高原リフト
分水嶺公園

日本海側と太平洋側に水が分かれる様子を見ることができる貴重な場所。日本全国にありますが、そのほとんどが山奥にあり、人里、それも国道沿いにあるということはとっても珍しいです。

長良川(太平洋)と御手洗川(日本海)に分かれる
ひるがの湿原植物園

現在のひるがの高原は開拓により人々が暮らせる町になりました。このひるがの湿原植物園は開拓前の湿地帯だったひるがの高原をそのまま残した大変貴重な場所です。

キャンプ後もまだまだ遊びたい!アクティビティスポットの紹介

チェックイン前、チェックアウト後、観光よりとにかく遊びたい!アクティビティを楽しみたいという人にぴったりの体験がひるがの高原にはあります!

ジップラインアドベンチャー

ひるがの高原スキー場のゲレンデを使ったジップライン。5本のコースを2時間かけて回るツアーとなっており、空を飛ぶような感覚が楽しめます。

山頂バギーツアー

こちらもひるがの高原スキー場のゲレンデを使ったアクティビティ。バギーを運転してゲレンデを上り、特設コースを回る1時間のツアーです。家族で一緒にワイルドな体験をすることができますよ!

セグウェイツアー

オフロード用セグウェイに乗ってコテージが並ぶ別荘地や坂道、砂利道、林道、草原を駆けるツアーです。操縦方法も出発前に練習できるので、初めての方も安心してお楽しみいただけます。

ウッドアドベンチャー郡上&巨大迷路

木々の上(地上8m)に作られた13個ものアトラクションをクリアしていくウッドアドベンチャー郡上と県内最大級の巨大迷路。体と頭を使ってクリアするアクティビティです。

E-BIKEツアー

電動アシストが付いたマウンテンバイクでひるがの高原をめぐるツアー。坂道、砂利道もE-BIKEなら楽々です。E-BIKEだからこそ行くことができる道などを巡るひるがの高原の新しいアクティビティツアー。

周辺の温泉情報(3か所)

グリーンシーズンの温泉施設は3か所が営業しています。2か所は高鷲IC近くで、1か所はお隣の高山市荘川町の荘川IC近くです。

湯の平温泉

ひるがの高原キャンプ場から15分ほど南下した場所に湯の平温泉があります。泉質はとってもトロトロ。冬の時期はスキーヤー、スノーボーダーでにぎわう温泉です。

ふたこえ温泉

ひるがの高原キャンプ場から16分ほど。コージュ高鷲という宿泊施設の中にある日帰り温泉です。2回のレストランも利用可能で、食事と入浴券がセットになったお得なメニューもありますよ。

桜香の湯

道の駅荘川にある桜香の湯。ひるがの高原キャンプ場から15分ほど北上します。道の駅が併設されているのでお買い物も一緒にどうぞ。

最後に

ひるがの高原キャンプ場周辺のおすすめスポット情報でした。今回の情報は高鷲町内全てのキャンプ場にも共通しておすすめできるスポットですので、参考にしてみて下さい。この他に、ひるがの高原キャンプ場周辺のこういった情報が知りたいというリクエストがありましたら、下記のGoogleフォームのアンケートからお願いします。