秋の牧歌の里はお花畑と紅葉がGOOD

2021/09/01(水) ~ 2021/11/23(火) / おすすめ

9月になると秋ムードが漂う高鷲町。お盆を過ぎると急に寒くなるのがひるがの高原の特徴です。牧歌の里も標高1,000mの高地のため10月下旬には木々の紅葉が始まり、オフシーズンへと突入します。

そんな牧歌の里のお花畑と紅葉を昨年の情報を基にご紹介します。

9月中の見ごろはお花畑

9月はお花畑が見頃です。色とりどりの花畑、そして教会前のサンパチェンスがきれいに咲きます。サンパチェンスは見ごろが長く、10月下旬ごろまできれいにみることができます。

そしてコキアも丸くかわいらしく育っており、10月初旬に色づき始めます。

9月末になるとゴールデンピラミッドが見ごろとなります。黄色いお花が一気に咲き誇る様子は牧歌の里のお花の見ごろのラストスパートを告げるもので、10月上旬ごろには見ごろを終えます。

10月初旬にコキアが色づき始めます。

10月初旬はコキアの紅葉が始まります。徐々に赤く色づきますが、気温によってピークは様々。その年の情報をブログやSNSで随時チェックすることをおすすめします。

2020年10月2日ごろの様子
2020年10月6日の様子
2020年10月10日の様子
2020年10月21日の様子(少し茶色くなってきた)
2020年10月25日(茶色くなりコキアはシーズンオフです)

そして、ゴールデンピラミッドは10月上旬に見ごろを終えサンパチェンスも10月下旬に見ごろを終えました。

2020年10月10日(少し黒くなってきた)
2020年10月20日 終盤に差し掛かっています

10月下旬からは山々の紅葉がスタート

10月下旬になると白山も初冠雪を記録するなどぐーっと冷え込み、大日ヶ岳や鷲ヶ岳など山頂部から紅葉が下りてくる様子が分かります。

2020年10月18日 白山は白く、周辺の山の山頂部は紅葉している
10月19日 牧歌の里内も少しずつ紅葉が始まる
2020年10月20日 大日ヶ岳の紅葉の様子が一望
2020年10月26日 園内の紅葉も進む
2020年10月31日 木によっては見ごろ
2020年11月3日 落葉が始まる。見ごろ

木々の紅葉は11月初旬には見ごろとなります。山々の山頂部の紅葉は終わっていますが、紅葉が近くに降りてきた様子もわかるので、眺めのいい牧歌の里は紅葉スポットとしてもおすすめです。

そんな状況の中、2020年は11月4日になんと雪が降りました。

2020年11月4日 1cmほど積もる
2020年11月7日 ピークは過ぎ、晩秋へ

見ごろは一気に過ぎ、中旬になることには落葉します。こうして牧歌の里のお花と紅葉のシーズンは終わり、11月23日をもってグリーンシーズンの営業を閉じます。

最後に

秋の牧歌の里のお花畑や紅葉はこのように流れていきます。ただし、その年年によって気温や天気も違うので、見ごろが前後することが十分ありますので、リアルタイムの情報をチェックしてみてください。